プロフィール

木下 真理子

  • 書家
  • 兵庫県立大学 環境人間学部 非常勤講師
  • ■好きなアーティスト オノ・ヨーコ、山本耀司、大貫妙子
  • ■感銘を受けた本 美しい日本の私 (川端康成)
  • 歴史のしずく (宮城谷昌光)、いのりの旅 (山折哲雄、他)
  • ■趣味 スキューバダイビング、森林浴
  • ■特技 手話、タッチタイピング
  • ■連載

バイオグラフィー

六歳より祖父の影響で書に触れ、書の世界で第一線の研究機関である

大東文化大学に進学。戦後の日本書道界を牽引した書家 青山杉雨(文化勲章受章)を

継承する髙木聖雨に師事。研究分野は木簡隷。

中国・日本で古来受け継がれてきた伝統文化としての書を探求。

漢字の五書体(楷書・行書・草書・隷書・篆書)を書き分ける。
日本初の三大国立博物館 巡回展「誕生!中国文明」(2010 年)

奈良国立博物館「正倉院展」(2012 年)、正月映画「利休にたずねよ」(2013 年)

NHK「にっぽんプレミアム」(2015 年)等に関わる題字も手掛けている。

メジャーリーグの開幕戦では5 万人の観衆の前で公開揮毫を行った。

日本の伝統文化における様々なプロジェクトをコーディネイトし、エッセイも執筆。

 

これまでのメディア露出については、こちらから

  • <更新日:2019/09/05>

    婦人公論のウェブメディア、「婦人公論.jp」に

    「令和」の文字を書いた書家・茂住修身の素顔

    手で書いたものには「気」が入る』が掲載されました。

  • <更新日:2019/07/09>

    中央公論新社が発行している「婦人公論」 2019年7月23日号に

    『〈手で書いたものには『気』が入る〉辞令職の業務の一環として

    「令和」を揮毫しました』が掲載されました。

    ●発売日: 2019年7月9日(火)

     

  • <更新日:2019/06/04>

    メゾン・ド・カランダッシュ「849」 50周年アニバーサリーイベント

    日時:2019年6月8日(土)、9日(日)

    ※出演は9日(日) 13:00~14:00

    会場:銀座 伊東屋 G.Itoya 10階 HandShake Lounge

  • 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」

    日本テレビにて2019年1月6日(日)18:00〜18:54 OA